忍者ブログ
川柳的逍遥 人の世の一家言
[784] [783] [782] [781] [780] [779] [778]
戻れない場所へ忘れてきた帽子  山本昌乃


       宴の場面

おほかたの 秋をば憂しと 知りにしを ふり捨てがたき 鈴虫の声  

秋という季節はつらいものと分かっておりますが
やはり鈴虫の声だけは、飽きずに聴き続けていたいものです。中宮

「巻の38 【鈴虫】」

光源氏50歳の夏。源氏は女三宮のために持仏の開眼供養を行った。

ささやかに執り行うつもりだったが、今上帝朱雀院をはじめとして、

六条院の夫人たちからも多くのお布施が寄せられ、盛大な催しとなった。

源氏は女三宮の出家後も何かと気遣うが、当の女三宮はそれが疎ましい。

そこで朱雀帝は、出家した女三宮に

「源氏のもとを離れ三条宮に移り住むほうが、世間体もよい」 

と勧める、が源氏が

 「遠くなっては始終お目にかかることもできないので困ります。

   毎日逢ってお話をたり、あなたの用を聞いたりすることが、

   できなくなっては、
私の望んでいたことが皆、画餠になってしまいます。


   そういっても私に残された命はもう何ほどでもないのでしょうが、

   生きている間はせめて、その志だけでも尽くさせてほしい」

といって、六条院から女三宮を手放そうとしない。

入口に大きな石が置いてある  河村啓子

秋になり、源氏は女三宮がいる部屋近くの庭を秋の風情につくりかえ、

虫をその庭に放した。


8月15日の夜、源氏が鈴虫の声を聞きながら、琴を弾いていると、

さすがの女三宮もこの優美な音色には、耳を持っていかれてしまう。

そこに蛍宮夕霧がやってきて、にわか演奏会がはじまる。

そこへ冷泉院から月見の宴の誘いがあり、一同揃って参上して、

夜通し宴会が繰り広げられた。

珠玉のページにはわたくしのルージュ  田口和代


      宴ー2

宴のあと、源氏は、冷泉院の妻・秋好中宮を訪れる。

そして、ひと時、話しを交わした。

「今はこうして暇がありますから、始終お伺いして、思い出などを

   話したいものと
思っているのですが、なかなか果たすことが出来ません。


   出家をしたのでもなく、俗人でもない身の上で、かえって行動の窮屈な

   点が
あるものですから・・・そんな私も近頃は、心細くて、


 思いきって、田舎の寺へでも入ることにしようかとも思うですが」

と源氏はまじめな顔で、自身の出家の考えを語ろうとすると、中宮が

 「宮中住まいをしていた頃よりも、お目にかかって

       お話をする機会が少なくなっことは、ことのほか寂しいことです。

       皆さまが出家されるこの世というものから、私も離れてしまいたい

       望みを
持っていることも、相談のできる相手がいないのですから」


と、相手が源氏だからだろう、寂しげに本音を語りだす。

沖だった頃を思い出す両手  和田洋子
                            むび
母・六条御息所の霊は今もさ迷い、中宮の夢寐にもしばしば出てくる。

そんな母を悲しく思い、自分の人生そのものまでが厭わしく、思えてくる。

六条御息所が物の怪になったことを、自分の罪のように嘆く中宮は、

「母の霊魂が罪の深さに苦しんでおいでになることを、私は他から聞き、

   それが確かなことでなくとも、思慮さえあれば想像されることでした、

   が、
私はただ死に別れしたことだけを、悲しんでいるだけで、

   後世のことまでは
幼稚な心の私は考えようとしなかったのが、

   悪いことだと気づいたのです。


   これからは、私の力で及ぶだけの罪の炎を消して、お救いしたいのです」

と出家して償いたいという。

わたくしにだけはB面もみせて  安土理恵

「ただ今のお話ですが、さして厭世的になる理由のない人が、

   断然この世の中を捨てることは至難なことでしょう。

   我々でさえ、やはりいよいよといえば絆になることが、多いのですから。

   人真似の御道心はかえって、誤解を招くことになります。

   だから、断じてそれはいけません」

源氏は、自分の方が出家を告げるつもりだったのだが、

逆に中宮に出家の話しをを切り出され、引止め役になってしまった。

病葉も青葉もつなぎ花筏  みぎわはな

【辞典】 宴の中で語った冷泉院のこころ。

「松虫は人が聞かない奥山とか、遠い野の松原とかいう所では思う存分に
    鳴いて、人の庭ではよく鳴かない意地悪な虫だとも言えますね。
    鈴虫はそんなことがなくて、愛嬌のある虫だからかわいく思われます」

「心もて草の宿りを厭へどもなほ鈴虫の声ぞふりせぬ」冷泉院

とぼけなきゃ淋しいなんてよう言わん  徳山泰子

拍手[3回]

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カウンター



1日1回、応援のクリックをお願いします♪





プロフィール
HN:
茶助
性別:
非公開