忍者ブログ
川柳的逍遥 人の世の一家言
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]

いくさが消えぬ父の波母の波  森中惠美子

79c88276.gif

               市

「市の再婚を考察する」

天正10年(1582)6月の清洲会議で、

お市柴田勝家のもとに輿入れすることになり、

お江たち三姉妹も母親とともに、北ノ庄城(福井市)に移り住むことになった。

この時、お市の方は37歳。

当時としては、孫がいてもおかしくない年齢である。

三姉妹の長女・茶々は15歳くらいで結婚適齢期。

次女のは、女好きの秀吉の食指がうごかなかったことからすると、

14歳ぐらいでも、まだまだ、こどもこどもしていたのであろう。

三女・お江は10歳ぐらい。

3人とも、もう物心がついた年齢である。

身の丈に合うた暮らしを謳歌する  亀山 緑

34068952.jpeg

   三姉妹

お市の方と柴田勝家の夫婦仲は、

「熱愛といっていいほどだったのでは」 ないかと思われる。

明らかに、秀吉が有利に天下獲りを進めるための、

”政略結婚”
であったにもかかわらず、

2人の仲はよかった。

ラーメンの汁に沈んでいた指輪  井上一筒

これはなぜか。

お市の方は、小谷城が落ちたあと、出家せずに伊勢に10年間あずけられた。

信長から、政略結婚を命じられたが、すべて断っている。

けれども清洲会議では、勝家のもとに嫁ぐのを承諾している。

お市には再婚相手は、「勝家意外にはありえなかった」 のだと考える。

さらに柴田勝家には、正室がいた様子がない。

当時の感覚から言えば、出家してでもいない限り、

家名を維持するために、子をもうけるのが普通である。

フルーツの分だけ胃袋空けてある  山田昭九朗

5a79265a.jpeg

    勝家の像

勝家は、「市のために正室の座を空けておいた」 のではないか。

この2人が、10年のブランクを経て、ようやく結ばれたのだ。

勝家にいたっては、お市が浅井長政に嫁いでいる間も、

「男の操」
を守っていた。

これで熱愛にならないほうが、どうかしている。

上流に向けて利き足から入る  森田律子

では三女・お江はどういう生活をしていたか。

お江は、小谷城から脱出したときは、乳飲み子だった。

実父・浅井長政の記憶はない。

お江が物心ついてから、北ノ庄城に移るまでの10年間、

後見人の織田信包が父親がわりだったが、しょせん父親がわりである。

信長の命令でと東奔西走しているうえ、

本能寺の変で、秀吉に従うと決めたら、

即座に、お市と三姉妹を秀吉に差し出す程度の、関係でしかなかった。

お江たち三姉妹と、お市が柴田勝家と暮したのは、

わずか9ヵ月間ほどだったが、

一緒に過ごす時間は、充分にあっただろう。

束縛はシルクの紐にしてほしい  清水すみれ

5827987a.jpeg

天正10年10月15日、京都大徳寺で秀吉が、

信長の法要を大規模におこなったときも、勝家は動かず、

同年12月に、秀吉が岐阜城の織田信孝を包囲して、投降させたときも、

勝家は豪雪で動けなかった。

言い方をかえれば、勝家はもっぱら北ノ庄城で待機し、

水面下で調略戦をおこなっていた。

つまり、ずっと北ノ庄城にいたわけで、お江たち三姉妹や市たちと、

家族団欒の時が充分にあったわけだ。

今日風を見ました青い色でした  河村啓子

お江にとっては、柴田勝家が最初の「父親像」だったといえる。

女に極端に清潔で、剛直な柴田勝家を最初に見てしまっては、

後年お江が、徳川秀忠のもとに輿入れしたとき、

温厚な秀忠に違和感を覚えても、不思議ではない。

切り取ってみても独りという指紋  山本早苗

P1070894.jpg

『お江ー「初めての父』 あらすじ』

激動の天正10(1581)年も、秋が訪れようとしていた。

尾張・清洲城では、市(鈴木保奈美)と三姉妹の引っ越しの準備で、

おおわらわだった。

市と柴田勝家(大地康雄)とも婚儀により、

勝家の居城である越前・北ノ庄城に移る為だ。

だが、茶々(宮沢りえ)初(水川あさみ)は相変わらず、

この婚儀には批判的だった。

2人は、実父の浅井長政のことをまだ覚えており、

「父は長政意外には、あり得ない」

という考えだ。

暴れ川の気持ちが痛いほどわかる  西美和子

だが、江(上野樹里)だけは少し違っていた。

長政が亡くなったとき、江はまだ赤子で、殆ど父の記憶はない、

今度の母の婚儀で、父と呼ばれる存在が出来る事を、

密かに期待しているところがあったが、

姉たちの考えに、逆らうわけにはいかなかった。

姉の言い分妹の泣きボクロ  山口ろっぱ

ac1a8950.jpeg

清洲城での婚儀が終わった市は、三人の娘たちと一緒に、

越前・北ノ庄城に向かう。

北ノ庄城では、勝家と、家老の佐久間盛政(山田純大)が一行の到着を迎えた。

勝家は、家臣たちの前でも、

市に対しては、主を仰ぐような平身低頭のもてなしである。

「後悔しておいでなのではないかと・・・」

それを聞いて市は、呆然とした。

自分の心が、定まっていなかったことに気づいたのだ。

確かに秀吉への恨みから、勝家へ嫁ぐ決意をした。

だが、一旦嫁いだからには、勝家の妻なのだ。

絵に描いた餅はこんがり焼いて食う  井丸昌紀

591c5f22.jpeg

市は、娘たちの前で素直な気持ちを訴える。

 「・・・・私は・・・間違えておった」

初 「間違い?」

 「勝家様に父になれ、そなたたちに勝家様を受け入れよ、と言う前に、

     ・・・おのれ自身の思いが定まっておらなんだ」

茶々 「何を・・・仰せなのですか?」

 「私は本日より、勝家様の妻となる。

     秀吉への恨みからではなく、心より勝家様を受け入れ、暮らして参ろうと思う」

 「(呆然と)母上・・・・」

 「その上で、そなたたちに言いたい。・・・勝家様を実の父と思うて接してはくれぬか?」

茶々 「私の父は・・・・浅井長政ひとりにござりまする」

 「茶々・・・」

 「その通りにございます」

茶々 「お許しくださいりませ」

ため息をつく市・・・・。

ただ江だけは

「なんとか父上と呼んでみたい」
と思うようになっていた。

耳垢のせいか小言が聞えない  新家完司

d5b08fb5.jpeg

そんなある日、江はひとり馬で駆け出す、が、嵐となり城に戻れなくなる。

慣れない土地での馬での遠出。

道に迷ったのではないか・・・?

崖から落ちたのではないか・・・?

熊に襲われたのではないか・・・? 

皆の脳裏に様々な思いが巡る。

はたして、城内は大騒動。

市も姉たちも、心配だった。

それ以上に勝家は心配し、方々に手配して、江の行方を追った。

折り悪く空には稲光が走り、やがて豪雨になっていった。

勝家は、表門に仁王立ちになり、まんじりともせず、

江が帰ってくるのを待った。

うねるもの遠ざかるもの砂時計  本多洋子

f943ccaa.jpeg

やがて、夜が明けた頃に、江は馬を引いて戻ってきた。

皆、江の無事を喜ぶ中、勝家がつかつかと江に近づくと、

思い切り平手で江の頬を打った。

勝家 「何じゃ! そのいけしゃあしゃあとした面は!

     おのれが仕出かしたことが、わかっておるのか?」

 「勝家様、そこまでなさらずとも・・・」

勝家 「(厳しい表情で)そなたは黙っておれ!」

そう言うと、江を厩番の与助のところに連れて行って、謝罪させる。

勝家 「詫びよ、江。・・・そなたが帰らなんだら、この者は首を討たれておったのだぞ!」

分が悪くなると化石になっている  小谷小雪

62b42ab1.jpeg

泣きながら与助に許しを請う江に、勝家は静かに言う。

勝家 「わかるか? 上に立つ者は、つねに下の者に心を配っておかねばならぬのじゃ」

 「・・・はい」

そして、茶々と初に向かって、

勝家 「そなたたちとて同じこと。

     皆に支えられておること、断じて忘れてはならぬ」

泣いている江を抱きしめながら、

勝家 「どこにも怪我はないのだな?」

江はいつの間にか、自然に「父上!」と言えるようになっていた。

さらに、茶々や初も勝家に父親の強さ、たくましさを感じていた。

そのときから、勝家と市、そして三人の娘は、本当の家族となった。

父の手紙と酒蔵にたどりつく  浜田さつき

拍手[3回]

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カウンター



1日1回、応援のクリックをお願いします♪





プロフィール
HN:
茶助
性別:
非公開