忍者ブログ
川柳的逍遥 人の世の一家言
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]

慎ましいエビ天は着痩せする  山口ろっぱ

CIMG4495.jpg

[龍馬が、寺田屋で捕り方に襲撃される寸前、

おりょうが、龍馬の部屋に駆け込んで、急を知らせたエピソード]

おりょうはその日、寺田屋に3回も伏見奉行所の与力、見廻組の隊士が、

宿改めに来ていること心配していた。

龍馬の人相書きが、市中に出回っていることも知っている。

しかし、龍馬は変装もせず、

相変わらずその日も、京に出かけていたので、

真夜中に無事に帰ってきた時は、ほっとした。

女将の登勢とお膳と酒を2階に運ぶと、おりょうは風呂に入った。

枕の中のネズミ花火がとまらない  岩田多佳子

4b2411e2.jpeg


おりょうが入ったとされる風呂(寺田屋) 

風呂は表通りに面しており、窓を開ければ外が見えるようになっている。

窓が開いているのに気が付き、表を見たおりょうは、息を飲んだ。

表通りに槍を構えた捕吏が数十人、息を殺して立っている。

「一刻も早くあの人に知らせなくては」

おりょうは、”全裸のまま”、2階に駆け上がると、

捕吏に囲まれていることを知らせた。

龍馬は、おりょうに逃げるよう伝えると、

おりょうは着物を着ると、裏階段から外に逃げた。

うす衣まるい乳房がはねている  桜 風子

そのとき、入浴中だったおりょうは、

全裸で2階の部屋へ駆け上がった、と伝えられる。

当時、おりょうは25歳。

本当に、

全裸で梯子を駆け上がり、龍馬に危険を知らせたのだろうか?

夜逃げするときのポーズを考える  福力明良

aed13197.jpeg

      
寺 田 屋

明治時代になってから、おりょうは、龍馬と過ごした日々について、

何件かの取材を受けている。

「寺田屋遭難事件」についても、

書籍や新聞、雑誌の記事としてまとめられているが、

それらを見ると、『千里駒後日譚』では

「わざと平気で、あなたこそ静かになさいよ、・・・中略・・・

 と悠々と衣服をつけて」

と言うように、衣服を着ていた、ことになっているものもあれば。

おつき合いで笑うソプラノで笑う  山本希久子

38245579.jpeg

龍馬・慎蔵が襲撃を受けた部屋(寺田屋)

『阪本龍馬未亡人』では、

「急いで風呂を飛び出したが、

 まったく着物を引っ掛けておる間もなかったのです。

 じっさい、全裸で、恥じも外聞も考えておられない」

とみずから、全裸だったと証言している、ものもある。

≪一方、おりょうの姿を見たはずの龍馬や慎蔵は、

 その後の手紙や日記のなかで、

 おりょうが全裸であったかどうかについては、まったく触れていない≫

ばあちゃんの裸は許される残暑  井上一筒     

だがひとつ、貴重な証言がある。

その夜、おりょうと一緒に入浴していた寺田屋の娘・力(りき)が、

龍馬が寺田屋から逃げ出すとき、

「お春(おりょうの変名)もつづいて、男の浴衣に男の帯をしめて」

逃げたと話している。

常識的に考えて、

おりょうと力が風呂場へ持っていく着替えは、女物だろう。

恥ずかしいところに貼ってある木の葉  木本朱夏

b6e38d34.jpeg

 寺田屋秘密の階段

とすれば、風呂場で身につけたなら、

おりょうは女物の浴衣や帯で、逃げているはずである。

ところが、力は、おりょうが男の浴衣を着ていたという。

それならば、その浴衣と帯は、

龍馬たちの部屋にあったと、考えることができる。

つまり、部屋に駆け込んだおりょうが、とっさに羽織ったというわけである。

そう考えれば、宿の裏にあった秘密の梯子を駆け上り、

龍馬の部屋へ駆け込んだとき、

おりょうは全裸だったことになる・・・のだが・・・。

あなたより先には逃げぬ非常口  森中惠美子

拍手[4回]

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カウンター



1日1回、応援のクリックをお願いします♪





プロフィール
HN:
茶助
性別:
非公開