忍者ブログ
川柳的逍遥 人の世の一家言
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]

恋猫の雨の滴を拭いてやる  合田瑠美子

おりょう龍馬と初めて逢ったとき、

おりょうは、龍馬の印象を次のように語っている。

『ソレはソレは、妙な男でして、丸で人さんとは、

 一風、違っていたのです』

2dfeb025.jpeg

「龍馬と結婚したおりょう(楢崎龍)が、龍馬とどこで、どのように知り合ったか?」

『諸説色々』

文久3年(1863)2月ごろ、

おりょうらの家が、類焼したとき煙にまかれた弟妹を、

龍馬が、救ったのが最初とされている。

また、生活苦から、大坂に売られそうになった妹を、取り戻そうと、

おりょうが、乱暴な仲介者と、争っているところを、

龍馬が救ったのが、きっかけとなったという説もある。

ビー玉の中で昔が伸びをする  谷垣郁郎 

6beba427.jpeg

一方、龍馬はおりょうのことを、乙女に宛てた手紙で、次のように評している。

「まことおもしろき女」

2個目の説は、

龍馬自身が、姉・乙女に宛てた手紙で語っている出来事だが、

妹を取り戻そうとするおりょうを、救ったとき、

「二人はすでに、知り合っていた」 という話しもある。

いずれにせよ、龍馬が、おりょうの存在を、土佐の家族に知らせたのは、

慶応元年(1865)9月に、乙女に宛てた手紙である。

やんわりと握る女もハンドルも  菱木 誠

その手紙で、龍馬はおりょうのことを紹介し、

その妹弟たちを、扶助していることを告白している。

大河ドラマ『龍馬伝』では、妹を助けるストーリーの後、

まもなく新選組による池田屋事件が、起こるのであるが、

ちなみに、この池田屋事件は、元治元年(1864)7月の出来事である。

≪おりょうが、晩年に語った話によれば、龍馬が、

  姉の乙女に手紙で知らせる1年前には、「すでに、内縁の関係だった」 

  と述べている≫

せまいせまい箱から出たいかくし事  柴本ばっは

0f05dda7.jpeg

おりょうは、天保12年(1841)の京都生まれで、龍馬より6歳年下。

≪生家は、京都市中京区柳場通りー三条通に小さな石碑が建っている≫

父親は、医師の楢崎将作。

将作は、勤皇思想の持ち主で活動家だったため、「安政の大獄」で逮捕され、

獄死している。

そのため、母親と長女のおりょうは、幼い4人の弟妹を抱えて、生活に困り、

おりょうは、17歳のとき、「扇岩」 という旅館へ、働きに出たという。

龍馬と出会ったのが、火事場での救助を、”きっかけ”とするなら、

おりょうが扇岩へ働きに出てから、約4年後のことになる。

まだ噛んでいる夕飯のモンゴイカ  井上一筒

その後、おりょうは扇岩を辞め、文久3年(1863)8月に、

大和(奈良)で、挙兵した尊皇攘夷派の”武装集団{天誅組}”残党の賄いとなる。

その後、天誅組が、幕府の追討を受けると、

おりょうも、その逃亡に伴って各地を放浪。

≪その放浪中に、龍馬と出会ったという説もある≫

ともかく、ふたりが出会うのは、龍馬が27歳、おりょうが22歳のころで、

「おりょうの奔放で、自由な性格が気に入った」 と伝えられている。

神様にまかすと運を省かれる  泉水冴子

19ccc0af.jpeg

     方広寺の庭

翌・元治元年(1864)おりょうは、

天誅組の残党たちと、幕府の追討を避けるため、

大仏(大仏殿・方広寺)に隠れていた。

そのころ、粟田口青蓮院内金蔵寺の住職の仲人で、

龍馬とおりょうは、縁組をしたという説もある。

もし、そうであれば龍馬が、

神戸の海軍塾塾頭として、航海術などを学んでいたころのことで、

二人が出会ってから、約1年後のことである。

ペン胼胝の先にはなしが引っかかる  藤井孝作

a92969e5.jpeg

  後年のおりょう

なお、板垣退助、後藤象二郎と並んで「土佐三伯」と、呼ばれた佐々木高行は、

おりょうについて、

「大変な美人だが、賢婦といえるかどうかは疑わしい。

 ただ、悪人でないことはたしかである」 

と評している。

あひるの子親が作った罪と罰  山本輝美

P1010007.jpg

  武信稲荷神社

おりょうの父が入っていた獄舎は、京都中京区六角通り大宮にあり、

現在は、『盟新』 というセンターになり、

龍馬とおりょうは、よくそこの近くの神社(武信稲荷)まで、デートをしたという。

というのも、その神社に20mほどの「大きなヒノキ」があり、

二人は、その木に登り、父の様子を見に来たという。

そのヒノキの下の説明文を読むと・・・。

ともしびやひとりを眠る眠らせる  山本柳花

P1010012.jpg

『坂本龍馬とおりょうの縁を結んだ榎』

神社の南には、江戸時代幕府直轄の「六角獄舎」があり、

幕末勤王の志士が、多数集監されていた。

その中に、坂本龍馬の妻・おりょうの父も、勤王家の医師であったため、

捕らえられていた。

龍馬とおりょうは、ここに何度か訪れるが、

龍馬自身も安全でない身であり、面会はかなわない。

それ故、この大木の上から、様子を探ったという。

消しゴムでそっとあなたを泣きながら  北原照子

P1010013.jpg

その後、命を襲われ、追われる龍馬は、身を隠すことになる。

おりょうは、龍馬の身を案じながら、過ごしていた。

そんな折、二人で何度も訪れた「武信稲荷神社の”榎”」を、ふと思い出し、

訪れた。

するとそこには、龍馬独特の字で「龍」の字が彫ってあったという。

色あせた希望をいつも抱いている  嶋澤喜八郎

8b7ef5eb.jpeg

『自分は今も生きている。そして京都にいるのだ・・』

という龍馬からの伝言であった。

龍馬が京都にいることを知ったおりょうは、二人の共通の知人を訪ね、

二人は、再び出会えたという。

御神木の榎(えのき)は、

850年の生命力から、大慶長寿の信仰が厚く、

また、「縁の木(えんのき)」とも読まれ、

御神木の榎に宿る「弁財天」が祀られている。

御柱の「宮姫社」は縁結び、”恋愛の神”としても知られ、

龍馬とおりょうも、そんな縁結びの力をいただいた,、

二人なのである。

ふたりして上げた花火をどうしよう  森口かなえ

現在、獄舎のあった『盟新』では、

月一回・一週目の日曜日に、「川柳黎明」の「句会」が開かれる。

今回は、3句黎明の句を載せました。

神社へ寄ったついでに是非一度おこしやす。

くすり屋の階段引き出しから梅雨に  田中博造

拍手[0回]

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カウンター



1日1回、応援のクリックをお願いします♪





プロフィール
HN:
茶助
性別:
非公開