忍者ブログ
川柳的逍遥 人の世の一家言
[125] [124] [123] [122] [119] [117] [116] [114] [113] [112] [111]

雑木林を抜けてくるのは血の絆  森中惠美子

k-1.jpg

『京極龍子』

芸は身を助けるというが、「美人」であることも、その縁となることがある。

戦国時代でいえば、「京極龍子」が格好の例だろう。

「松の丸殿」・「西の丸殿」とも呼ばれた龍子は、

近江の湖北地方で生まれた。

父は京極高吉、母はキリスト教徒の京極マリア

叔父に浅井長政がいる。

すなわち、マリアは長政の妹で、長政は三姉妹の母・の夫。

つまり、浅井三姉妹とは、従姉妹という間柄である。

弟・京極高次は、関が原の戦いで期せずして、重要な役割を担う。

また高次の妻は、三姉妹の次女・である。

何を着ても何を被っても負ける  前田咲二

はじめは、若狭の武将・武田元明のもとに嫁いだが、

夫が”本能寺の変”後に、明智光秀側についたことから、

龍子の運命は大きく動き出す。

秀吉の怒りを買った元明は、

自刃を命じられ、さらに、二人の男児まで殺されてしまう。

謀反人の妻となった龍子だったが、

没落した京極家の再興を願う弟・高次によって、

”秀吉の側室”として、差し出されてしまう。

太鼓打つごとに一コマ進む夢  井上一筒

秀吉は、美貌の龍子を寵愛し、

小田原城攻めや、

朝鮮出兵の拠点である名護屋城にも、伴ったという。

秀吉が催した醍醐の花見では、

神輿に乗る順番や、秀吉から盃を受ける順番を、

同じ側室の茶々(淀殿)と争ったという、エピソードが残されているが、

秀吉の死後も、豊臣家の人間として、

北政所や茶々と親交を重ねた。

疑いもなく言い合ったマタアシタ  志田千代

また、大坂夏の陣に、京都の六条河原で処刑された秀頼の遺児・国松

遺体を引き取って、手厚く葬ったのも龍子であった。

夫や子どもを殺されながらも、

”それを、運命として受け入れるかのように、

 秀吉の側室として生きた龍子は、

 心の深いところで、京極家の再興を願っていたのかもしれない”

また、龍子の人生は、乱世における女性の身の処し方として、

江たち三姉妹にも、影響を及ぼしたことだろう。

虎描けばネコ猫描けばトラになる  新家完司

P1080168.jpg

『お江ー第11回・猿の人質- みどころ』

北ノ庄城から脱出した三姉妹は、羽柴軍の陣に連れていかれた。

すると、号泣している人物がいた。

秀吉(岸谷吾郎)だった。

秀吉は、泣きながら三成(萩原聖人)を殴りつけている。

秀吉  「お市様を、お市様を・・・なぜお救いせなんだ・・・ この馬鹿が、大馬鹿たれが!」

三成  「面目次第もござりませぬ」

そう言うと、三成は市から受け取った文を秀吉に渡す。

そこには、

『娘たちに、邪心などゆめゆめ抱くことなきようお約束戴きたい。

 わが一命に懸けて願い上げ候・・・』 

と書かれてあった。

花花花見えないほどに亡母の顔  井丸昌紀

P1080178.jpg

茶々(宮沢りえ)が秀吉に向き直って言う。

茶々  「・・・私たちは父である浅井長政を殺され、

            今また二度目の父・柴田勝家と、母まで失いました。

             二度もそなたに、大切な人たちを奪われたのです。

             ・・・私たち姉妹が、そなたを許すことは生涯ありません!」

その言葉に、初(水川ありさ)江(上野樹里)も思わず涙してしまい、

三姉妹で抱き合って泣き出す。

と、秀吉もついついもらい泣きをしてしまう。

すると、江がそれを見て言う。

江  「猿の分際で私たちと共に泣くな!」

悔しくて泣きたくて金魚鉢ゆらす  清水すみれ

P1080177.jpg

数日後、三姉妹は秀吉の命で、安土城に行った。

安土城は、あの見事だった天守閣が焼け落ちてしまい、その姿を変えていた。

最初に三人を迎えたのは、おね(大竹しのぶ)だった。

おね  「お茶々様、お初様、お江様・・・、こたびはわが夫・秀吉が、

      いえ こたびもまた、まことに、まことに申し訳ないことを致しました・・・」

茶々  「(冷たく)・・・謝られたところで、母が戻ってくるわけではありませぬ」

おね  「おおせの通りにございます。

      されど、どうしてもお詫びを申し上げたく、まかり越しました次第にございます・・・」

と、おねが平伏する。

だが、茶々も顔を背けて、取り合おうとはしなかった。

すると、江が心配そうに、おねと姉たちの仲を取り持とうする。

だが、姉たちは硬い表情を崩すことはなかった。

おね  「お江様、よいのです。

      ・・・いま何を申し上げても、お心には届きませんでしょうから・・・」

坊さんの頭の蝿も動かない  丸山 進

P1080170.jpg

そこに一人の女性が現れる。

京極龍子(鈴木砂羽)だった。

母親は、浅井長政の妹の京極マリア。

つまり、三姉妹とは、従姉妹の関係にあった。

秀吉が、こういう時期は親類が近くにいた方が、

「気が休まるのではないか」 と遣わしたのだ。

龍子が秀吉に遣わされたと聞いた時、茶々が言う。

茶々  「私たちの父・長政が、羽柴秀吉・・・どのに討たれたことは・・・?」

龍子  「もちろん存じております。」

茶々  「・・・その父は、あなたの叔父。 なのに・・・なぜ・・・?」

龍子  「実は私の夫もかつて光秀様にお味方し、山崎での戦いの後、命を落としました」

  「では秀吉は、仇ではないですか?」

龍子  「ええ。でも、私、今は秀吉様の側室ですの」

嘘泣きの涙にだって味がある  嶋澤喜八郎

三姉妹とも、その言葉に驚いた。

龍子  「私も最初は、いやでいやでたまりませんでした。

      でも、お世話をしているうち、秀吉様はなんと面白いお人だと・・・

      憎めないというか、愛嬌があると申しますか・・・。

      それに、おね様の存在です。

      私の境遇をおわかりの上、いつもいたわってくださり・・・、

      今や私にとっては、かけがえのないお方にございます。」

未だ夢がある自分史を書いてみる  田尾暉年

1146b363.jpeg

次に三姉妹が案内されたのは、

今は秀吉の茶頭になっている千宗易(石坂浩二)の茶室だった。

宗易は、三人に茶を立てた後、言う。

宗易  「わたくしも幼き時に母を亡くしました。」

茶々  「左様ですか・・・。」

  「・・・。」

  「・・・。」

宗易  「でも、早うに母が逝ってくれて、よかったと思いますわ。」

三姉妹 「?」

宗易  「母親の死によってこそ、学べる、教わることもありますさかいな」

初  「・・でも、私たちは母上に生きていてほしゅうございました!」

宗易  「ほんまやなぁ、そらそうや。そやけど、もうおられません。

      せやったら、それを生かす道を探しなはれ。

      それもまた、亡くなられた御母上の教え、御心に適うことちゃいますやろか?

      ありがたいこっちゃ」

もう一度親子の積木はじめから  横山量子

6c837b90.jpeg

その宗易の言葉を受けて、部屋に戻った茶々はしみじみと言う。

茶々  「悲しみにくれていても、それは変わらぬ。

      それを私たちに伝えんがため、ああまで言うてくれたのであろう」

江  「・・・」

茶々  「・・・その心遣い、私はありがたいと思う」

  「ありがたい・・・?」

江  「おね様にしてもそうです。」

  「(キッと江を見る)」

江  「私たちに会うのは心苦しいはずです。 それでも、わざわざ来て下さいました」

茶々  「・・・そうじゃな。遠ざけていようと思えば、いくらでもできるはず。

     ありがたくおもわねばならぬな」

初  「あんな猿の女房にですか・・・!」

茶々  「そもそも命奪われておっても仕方ないわれらなのじゃ。

     そう思えば、ありがたいことではないか」

阿保になっとけば我慢が出来るんだ  大北芳郎

P1080171.jpg

その頃、三姉妹のもとに秀吉が、安土城よりも堅牢で大きな城を、

大坂に建設しようとしているという情報がもたされる。

それは、すなわち、

信長に代わって、天下を狙っているということにほかならなかった。

三姉妹の憤りは、極みに達した。

そんなとき、秀吉が安土城に来たという。

江は脱兎のごとく走り出すと、秀吉に会いに行く。

茶々と初も、それを追う。

襤褸着ても大樹に靡かないつもり  村上玄也

茶々は秀吉の前に座ると、

「何故、信孝を切腹させたのか」
を問いただす。

秀吉は、「あれは、信雄が勝手にやったことだ」と言い逃れる。

茶々  「その上、天下を取るおつもりとか。」

秀吉  「とんでもないことにござりまする。

      それがしはただ、お屋形様のご遺志を継ごうと・・・」

茶々  「つまりは天下取りではござりませぬか」

秀吉  「そんなことは、断じて・・・ございません・・・」

その話初耳のような顔で聞く  ふじのひろし

そのとき、秀吉は茶々の姿に、市の姿を重ね合わせていた。

よく見ると、茶々は、市にそっくりである。

秀吉は今にも涎が垂れそうな顔つきで、茶々に猥雑な視線を送りながら、

天下取りの野望がないことを約束する。 

だが、今の秀吉は心ここになかった。

その秀吉の邪心に、いち早く気付いた江は、茶々に言う。

江  「姉上は、私たちを守ると言ってくださいました。でも、姉上は、この私が守ります・・・!」

茶々  「守る?」

  「羽柴秀吉・・・猿からでございます」

もくろみが成就せぬよう祈ってる  綾織省吾

拍手[12回]

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カウンター



1日1回、応援のクリックをお願いします♪





プロフィール
HN:
茶助
性別:
非公開