忍者ブログ
川柳的逍遥 人の世の一家言
[523] [522] [521] [518] [520] [519] [517] [516] [515] [514] [513]
臍の緒が鼠の餌になっていた  新家完司


   高台院像 (江戸時代 高台寺所蔵)

「三成と高台院は仲が悪かったか?」

豊臣秀吉の正室・高台院(ねね)

秀吉が没し、未亡人になってからの秀吉の正室・高台院は、

石田三成と仲が悪く、関が原の戦いでも、

東軍の加藤清正らと通じていたとされているが、

近年この解釈に疑問が唱えられている。

通説では豊臣家の将来を見かねた高台院が、

徳川家に頼って生きていくことを決め、

加藤清正福島正則、小早川秀秋らに関が原の戦いで。

東軍に加担するように仕向けたとされている。

これで豊臣政権を守るために挙兵した三成の立場をなくしたわけだ。

だが昨今、高台院と三成親密説が浮上してきているのだ。

引き出しにあなたを開ける鍵がある  桑原伸吉


   高 台 寺

ふたりが親密だった論拠はいくつかある。

まず、三成の娘が高台院の養女になっていたこと。

険悪な仲であれば、この関係は考えにくい。

次に、高台院の甥・小早川秀秋の兄弟の多くが、

西軍として関が原の戦いに参加し、領地を没収されていること。

高台院が東軍に通じていたとするなら、

秀秋以外の救済にも手を回しただろう。

敵と味方に埃を分けなさい  酒井かがり


  ねねの像

そして親密だったとされる高台院と東軍の加藤清正の関係だが、

これも信憑性のある資料はない。

では何故、不仲説が流れていたのか。

それは徳川幕府成立後に、「三成を悪人に仕立て上げよう」とする

動きが、あったことに起因している。

豊臣家滅亡後もその存在を認められていた高台院に対し、

三成は徳川家に生涯刃向い続けた人物。

三成を悪とし高台院と不仲だったことにすれば、

都合がよかったのである。

しかしならいつも鞄に入れてある  和気慶一

拍手[4回]

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カウンター



1日1回、応援のクリックをお願いします♪





プロフィール
HN:
茶助
性別:
非公開